Pre-IPO投資

新生企業投資のPre-IPO投資は、投資事業組合の資金ではなく新生企業投資の自己資金で議決権の5%まで投資を行うマイノリティの投資です。上場を目指す会社の上場前の最後のエクイティファイナンスの際にリスクマネーを提供するほか、上場前の資本構成の見直し、既存株主からの株式移動のニーズにこたえるため、株式譲受による投資も行っています。

Pre-IPO投資は業種に特化することなく投資先のステージに焦点をあてた投資であり、投資金額は、投資期間や期待される利回りにもよりますが、1億円以上の投資を行う場合もあります。

パートナーとの共同投資

新生企業投資本体では国内のミドル・レイターステージの企業のPre-IPOラウンドに対して直接投資を行っていますが、それ以外のステージ、分野についても外部のパートナーとステージまたは業種に特化した共同ファンドを設立することによって積極的にリスクマネーを提供していきます。

動画による会社紹介

共同ファンド

これまでに設立した共同ファンドは以下の通りです。

gumi

gumi Ventures, L.P.

パートナー
株式会社gumi
対象
アジアおよび国内のモバイルエンタテイメント企業
ステージ
アーリーステージ
シェア
15%以下
投資金額
数千万円

femto

フェムトグロースキャピタル

パートナー
磯崎哲也氏
対象
国内のインターネット関連企業
ステージ
アーリーステージおよびその後のマイルストーン投資
シェア
15%以上
投資金額
数千万円から3億円

gumi

gumi ventures 2号 投資事業有限責任組合

パートナー
株式会社gumi
対象
国内を中心としたモバイルコンテンツ関連企業
ステージ
全ステージ
シェア
マイノリティ
投資金額
数千万円から4億円

Cell Innovation Partners

Cell Innovation Partners, L.P.

パートナー
株式会社リプロセル
対象
国内および海外のiPS細胞・再生医療関連ベンチャー
ステージ
全ステージ
シェア
マイノリティ
投資金額
数千万円~1億円

支援先ファンド

弊社がご支援するファンドは以下の通りです。

そーせいCVC

Sosei RMF1投資事業有限責任組合

GP
そーせいコーポレートベンチャーキャピタル株式会社
パートナー
そーせいグループ株式会社
対象
国内の再生医療関連ベンチャー